ディーフラットの副作用に不満
ディーフラットについて調べていると、副作用はないのか気になっている人がいるようです。

私は副作用などの症状は出ていませんが、気になっている人がいるので副作用はないのははっきりさせたいと思います。

ディーフラットの副作用に関する情報をまとめました。

ディーフラット(d-flat)の口コミと効果は別記事に記載しています

ディーフラットの副作用はあるの?

ディーフラットの副作用があるのならば、今頃大問題になっているでしょう。しかし、問題があると見聞きはしないので大丈夫なのではないかと思います。

見聞きしないだけで、中には副作用が起きている人がいるのかもしれないという疑いはまだありますね。

ディーフラットの副作用を心配している人のコメント

ディーフラットの副作用を心配しているコメントを見つけたので、いくつか載せておきます。


もっと肌荒れしたら…
今でさえニキビが気になっているのに、ディーフラットを使ったからもっと肌がひどい状態になってしまわないか心配です。仕事が営業職なので、肌の状態がひどい状態では仕事もうまくいきそうにありません。

発疹が出たりはしないのか
こういうクリームは、肌に悪いものが入っていて発疹が出たりするとか聞いたことがあります。そんな噂を聞いているからか、ディーフラットを買うかどうかも迷ってしまうくらいです。本当に何も問題がないのであれば即購入したいです。

ニキビに効果はあったけど
使い続けていくうちに、ニキビの炎症も引いて肌がだいぶ落ち着いてきました。でも、効果があると肌に刺激の強いものが含まれているようなイメージもあります。ディーフラットは後々肌に副作用として何か起きないか不安です。

ご覧のように、ディーフラットを使うことに少し抵抗がある人もいるようです。使っている人でも、後々何か起こらないのか気になるようですね。

ディーフラットの副作用が起こりそうな成分は?

ディーフラットの副作用が心配になる原因は、どのような成分が含まれているのかわからないことにあると思います。
ディーフラットに含まれている主な成分と効果について調べてみました。

ディーフラットに含まれている主な成分は、「トリプルヒアルロン酸」「トレハロース」「ナノセラミド」「グリチルレチン酸2K」「セイヨウナシ果汁発酵液」となっています。

まず、「トリプルヒアルロン酸・トレハロース・ナノセラミド」の3つの成分です。
これらは全て高い保湿効果のある成分だとわかりました。

化粧水などのスキンケア化粧品にもよく使われている保湿成分で、肌の乾燥による肌荒れを予防してくれる成分になっているようです。

次は「グリチルレチン酸2K」という成分です。
抗炎症作用がある成分で、医薬品や化粧品にもよく使われている成分だそうです。

皮膚の炎症を抑えてくれる働きがあるので、ニキビの炎症にも効果があると言われています。医師が処方する医薬品にも使われている成分というのは安心できますね。

最後は「セイヨウナシ果汁発酵液」という成分です。
これは、セイヨウナシ果汁を乳酸菌で発酵させた成分のようです。

ヒアルロン酸などと同じく保湿作用もあるのですが、乳酸による角質柔軟化作用もあるそうです。古い角質を落とすことができるので、肌のエイジングケア成分としても化粧品に使用されているとのことです。

5つの主成分について調べましたが、ニキビや肌質を改善するために必要な成分ばかりでした。
副作用の心配があるような成分が含まれていないことがわかりますね。

公式サイトにも、下記のようなことが書かれていました!
ディーフラットの成分に副作用なし

ディーフラットを使用することによる副作用の心配はなし!

ディーフラットに含まれている成分に、副作用の心配はないということがわかりましたね。

副作用がないのか心配しているコメントはあっても、実際に副作用があったというコメントもありませんでした。安心安全に使えるというのに越したことはありません。

私は3ヶ月ほど前からディーフラットを使用していますが、2ヶ月目から肌が全体的に綺麗になってきたと実感しました。

最初は肌に変化が起こっても気付きにくいです。日を追うごとにニキビが消えてきたり、肌の乾燥が改善されたと気付くようになります。

効果が出るスピードはゆっくりかもしれませんが、焦らず続けることが大事です。

男性と女性の肌の作りも違いますから、男性用で作られているディーフラットは男性が使って効果が出てくるものです。

肌が綺麗になることで、周りからの印象も今までとはガラリと変わります。男性だからと肌の手入れを適当に考えず、しっかりケアしてあげることがエチケットの1つだと私は思います。

ディーフラット(d-flat)の口コミと効果は別記事に記載しています