geev(ジーヴ)と市販品の違いを比較
geev(ジーヴ)は男性向けのスキンケア商品で、男性のスキンケアに必要なものが1本に凝縮されているのが特徴です。

SNSでも注目を集めており、geev(ジーヴ)の愛用者は増え続けているようです。

そんな中、geev(ジーヴ)について調べていると気になるコメントを見かけました。
それはgeev(ジーヴ)と市販品の違いについてです。

geev(ジーヴ)と市販品にどのような違いがあるのかという内容です。
私もgeev(ジーヴ)を愛用しているので、どのような違いがあるのかに興味を持ちました。

そこで今回はgeev(ジーヴ)と市販品の違いについて調べてみることにしました。

geev(ジーヴ)の口コミと効果を別記事でまとめました

geev(ジーヴ)と市販品の違い

geev(ジーヴ)と市販品にはどのような違いがあるのでしょうか?

まず市販品で男性用のスキンケア商品はほとんどありません。
ですのでスキンケアしようと思ったら、女性用を使うことになります。

男性が使っても問題はありませんが、女性が使うことを前提に作られているため、思ったような効果が得られないことがあります。

geev(ジーヴ)は男性用に作られたスキンケア商品ですので、乾燥や肌トラブルに的確なアプローチが可能です。

次に売切れの心配がありません。
市販品は店まで買いに行かなければいけませんし、売り切れる可能性があります。

しかしgeev(ジーヴ)は定期コースでの販売が中心ですので、自分の分は確実に手に入ります。

毎月自宅に届けられますし、買い忘れる心配もありません。

geev(ジーヴ)と市販のスキンケア商品はどっちが良い?

結局のところgeev(ジーヴ)と市販品のスキンケア商品はどちらが良いのでしょうか?

結論から言いますと、geev(ジーヴ)の方がオススメです。

一番気になるであろう価格から説明していきます。
geev(ジーヴ)は初回980円、2回目以降6,980円で購入できます。

2回目以降の価格が気になるでしょうが、geev(ジーヴ)の成分を考えればそれほど高くはありません。

geev(ジーヴ)は1本で「化粧水、乳液、クリーム、美容液」の働きがあります。

これらを1本1本揃えていくとなれば、簡単に6,980円を越えてしまいます。

geev(ジーヴ)が市販品よりも優れている理由

次に手間のかからなさです。
geev(ジーヴ)は定期コースですので、買いに行く時間がかかりません。

仕事が忙しくてスキンケア商品を買いに行けない人も多いでしょうし、買うのが恥ずかしいという人もいるでしょう。

また1本で4役をこなすので、ケアは1回たったの10秒ほどで終わります。

ケアに時間がかかると面倒になってやめてしまいますので、手間がかからないことは大きなメリットであると言えるでしょう。

geev(ジーヴ)を選んで満足している人のコメント

geev(ジーヴ)を選んで満足している人のコメントを紹介します。

一番良かったです
男性用のスキンケア商品を探していて、geev(ジーヴ)を選びました。何種類かスキンケア商品は試したのですが、女性用で買いにくいし、なんだか肌に合わなかったんですよね。geev(ジーヴ)を使ったときが一番肌の調子が良かったので、ずっと使っています。
面倒なケアが1回で終わる
以前は女性用の化粧水や乳液を購入して使っていました。でも何回もするのが面倒になってきて、肌荒れを起こしたときにだけ使うようになっていたんですよね。そんなときにgeev(ジーヴ)に出会って、「これだ!」と思いました。だって1回でケア終わるんですよ?しかも買いに行く手間もかかりませんし。他のスキンケア商品を使うなんてかんがえられませんね。

geev(ジーヴ)は男性が使うことを考えて1回でケアできるように作られているのでしょうね。

ケアする習慣がない人はすぐに使わなくなってしまいますし、10秒以内にケアができるgeev(ジーヴ)はよく考えられていると思います。

毎日のスキンケアが綺麗な肌を作り上げますので、毎日10秒のケアで女性にモテる肌を手に入れましょう。

geev(ジーヴ)の口コミと効果を別記事でまとめました